PDFファイルをご覧になるは
Adobe Readerが必要です。
ここからダウンロ-ドできます。


保育目標

心身ともに健康な子どもを育てていく

乳児期は個々の生活リズムに沿って、子どもの欲求をみたすことにより、安定した気持ちで過ごせるようにしていきます、幼児期には規則正しい生活習慣を身につけること、仲間関係の中で自分の気持ちを表現する力を身につけていきます。また、乳児期よりリズム遊びを取り入れ身体の成長発達を補い、健康な体を作っていきます。

友だちを思いやり、仲良く遊べる子どもを育てていく

当番活動や縦割り交流保育、他園交流など年上の子、年下の子との交流の中で、優しく接することや優しくされることを経験しながら友だち関係を深め対人関係を結ぶことができるようにしていきます。

一人ひとりが大切にされ、自分の思いや考えを伝えられる子どもを育てていく

保育者が、子どもの考えや気持ちを尊重し、肯定的に子どもを育てていくことにより、子どもは自分が認められていることを感じ、自分に自信を持ち、能動的に活動ができるようにしていきます。

自然や社会の事象などいろいろなことに興味を持ち、豊かな感性を育み、考えて行動できる子どもを育てていく

植物を育てたり、栽培する経験や昆虫などを飼育したり自然に触れる活動を保育の中に取り入れ、「生きるということ」「育つということ」を実感し、また季節の移り変わりの中で、五感(見る・聞く・嗅ぐ・味わう・触れる)を育み、豊かな心を育てていきます。