特集コーナーでは、毎月テーマを決めて関連する書籍をピックアップして紹介しています。是非お立ち寄りください!

2018年11月特集【セクハラ マタハラ

書名
著者
出版社
弁護士が教えるセクハラ対策ルールブック 山田 秀雄・菅谷 貴子 日本経済新聞出版社
セクハラ・パワハラ読本 −職場のハラスメントを防ぐー 君嶋 護男・北浦 正行 日本生産性本部生産性労働情報センター
予防・解決職場のパワハラセクハラメンタルヘルス −使用者責任・労災・防止規定・事実調査・処分・復帰支援− 水谷 英夫 日本加除出版
しない・させない・まねかないセクハラ・パワハラ 岡田 康子・木村 節子 労働新聞社
裁判例にみる企業のセクハラ・パワハラ対応の手引き 中町 誠・中井 智子 新日本法規出版
わかりやすいセクシュアルハラスメント裁判例集 21世紀職業財団
マタハラ問題 (ちくま新書) 小酒部 さやか 筑摩書房
マタニティハラスメント (宝島社新書) 溝上 憲文 宝島社
働く女性とマタニティ・ハラスメント −「労働する身体」と「産む身体」を生きる− 杉浦 浩美 大月書店
裁判例や通達から読み解くマタニティ・ハラスメント −決定版 引き起こさないための対応実務− 小山 博章 編 町田 悠生子 編著 西頭 英明[ほか] 労働開発研究会