基礎からよく分かる!労働法入門講座 ←クリックでチラシ表示(PDF印刷FAX用) 終了しました。

 本講座は、初めて労働法を学ぶ方を主な対象とした入門講座です。現在、第一線で活躍する労働法の専門家を講師に迎え、解説を頂きます。まず労働法とは何か、という事からスタートし、労働法の枠組や基本的な考え方を学び、次に、労働基準法や就業規則のポイント、続いて解雇や労働時間の問題など、 具体的なテーマへ進んでいきます。新任の人事労務担当者の方、新任の労働組合役員の方、労働法を初めて学ぶ方に、理解と認識を深めて頂ける大変良い機会です。是非ご参加下さい。また、本講座を受講し、より本格的に労働法を学びたいとお考えの方は、7月から開講を予定している「神奈川県労働大学講座」へ是非ご参加下さい。

開催日時

  • 2019年 6月13日(木) ・20日(木)  2日間  14:00~17:00

会場

受講料

  •  12,000円(税込)

講師

成蹊大学 法学部
教授 原 昌 登 (はら まさと)先生

[略歴]
東北大学法学部卒
~2003 年 文部科学省内地研究員を併任(東京大学へ内地留学)
2004 年 成蹊大学法学部専任講師
2006 年 同 助教授(2007 年より助教授から准教授へ職名変更)
2013 年 同 教授

[主な著書]
・原 昌登『コンパクト労働法』新世社,2014 年(単著)
・水町勇一郎・緒方桂子編『事例演習労働法(第 3 版)』有斐閣,2017 年(共著)
・山川隆一編『プラクティス労働法(第 2 版)』信山社,2017 年(共著)
・荒木尚志編著『有期雇用法制ベーシックス』有斐閣,2014 年(共著)
・神林 龍編著『解雇規制の法と経済』日本評論社,2008 年(共著)

[最近の主な論文]
・「定年後継続雇用の適法性に関する判断枠組み」成蹊法学 86 号(2017 年)1 頁
・「就業規則の不利益変更に対する労働者の同意」成蹊法学 84 号(2016 年)280 頁
・「高年齢者雇用に関する日本法の解釈をめぐる問題」日本労働法学会誌 124 号(2014 年)25 頁

[各種委員等]
・中央労働委員会 地方調整委員(東日本区域)
・厚生労働省「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」委員
・国家公務員採用総合職試験(大卒程度試験)試験専門委員
・個別労働紛争解決研修,東京労働大学講座,東京都多摩労働カレッジ等に出講


講義内容(6時間)

はじめに 本講座の目標、「働き方改革」の動きなど

第1章 労働法の基本的な枠組み
 1、労働法とは何か(労働法の全体像)
 2、雇用の基本ルール(労働基準法、就業規則)
第2章 入社から退職まで
 1、退職・解雇の法律問題(解雇権濫用法理を中心に)
 2、人事に関する法律問題(配転、出向、降格、休職)
第3章 労働条件に関する法規制
 1、賃金に関する法規制
 2、労働時間に関する法規制(時間外・休日労働)
第4章 非正規雇用(有期雇用を中心に)
 1、有期契約の特徴と雇止めのルール
 2、不合理な差別の禁止・無期転換制度
第5章 労働組合
 1、労働組合に関する基本ルール
 2、団体交渉を促進するためのルール
第6章 おさえるべき改正ポイント

おわりに

※諸般の事情により講座が中止・変更となる場合がございますので、予めご了承下さい。

お申込・お問合せ

[お申込み]
 終了致しました。大変多くのご参加を頂き誠に有難うございました。
[お問合せ]
 公益財団法人 神奈川県労働福祉協会   TEL 045-633-5410
 E-mail roudou@zai-roudoufukushi-kanagawa.or.jp
[お振込先]
横浜銀行 県庁支店 普通 6009887 公益財団法人 神奈川県労働福祉協会
※ 講座開講後の受講料のご返金は出来ませんので、予めご了承下さい。
※ 誠に恐れ入りますが、振込手数料は、お客様にてご負担下さいますようお願い致します。

個人情報の取扱い

※ご提供頂きました個人情報は、講座の開催及びご案内に関する業務の範囲内で使用させて頂きます。


メールによる講座案内をご希望の方

労働講座情報のメール案内をご希望の方は、お手数ですが、下記アドレス宛に空メールをご送信下さい。
空メールをご送信して頂くと、送信元のメールアドレスを自動的に登録する事ができます。

[Email]  roufuku_kouza-apply@zai-roudoufukushi-kanagawa.or.jp

[QRコード]
QRコード